福岡の探偵ブログ−探偵事件簿−福岡

我が探偵事務所『帝国法務調査室』の???についてお話して参ります。

“のむ発毛剤”輸入解禁へ 探偵福岡

厚生労働省は11日、米国で開発された世界初の“のむ発毛薬”プロペシア錠(一般名フィナステリド)の輸入を承認したそうだ。承認申請した万有製薬によると、プロペシア錠は既に世界60国以上で承認されているそうで、国内で経口タイプの発毛薬が承認されるのは初めてとのことで、年内にも発売を始める予定そうだ。

購入には医師の診断、処方が必要で、保険の対象外、成人男性が対象で、1日1回0.2ミリグラムをのむ。増量による効果の増強は確かめられていないそうで、上限は1日1ミリグラム。海外での試験で有効性が認められなかったため、女性は適応外だそうです。性欲減退や性機能の低下の副作用がまれに起きることがあり、肝機能に障害がある男性に対しては安全面から慎重に投与するとのこと。

万有製薬は、0.2ミリグラムと1ミリグラムの2種類の錠剤を販売し、いずれも参考処方価格として1錠当たり250円(税抜き)を設定、患者はこのほかに、診察料などを負担することになるそうです。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室

タンがのどに詰まって福岡市の病院で患者死亡 探偵福岡

千鳥橋病院 福岡市福岡市博多区にある総合病院「千鳥橋病院」で、脳梗塞で入院していた当時77歳の高齢者男性が、のどにタンを詰まらせて死亡したそうだ。昨年3月に発生。理由は、機械の音量調節を怠っていたこと等が原因との事で、看護婦が同男性の呼びかけに気付くのが遅れ、窒息死していたと云う。

病院側は謝罪したが、遺族は業務上過失致死容疑で刑事告発したとの事。

 

 

総合調査 帝国法務調査室

中洲まつり開催中(8日まで) 探偵福岡

7d621c7a.jpg福岡市博多区中洲の夜を彩る「第30回中洲まつり」が6日から行われているそうだ。6日の夜は恒例の「國廣(くにひろ)女みこし」が威勢よく歓楽街に繰り出し、沿道からは盛んに拍手や声援が飛んでいたとのこと。中洲のホステスや公募したOLさん、主婦など約200人が法被姿で参加し、中洲5丁目の「國廣神社」前をスタートすると、掛け声とともに、みこしをかついで中洲大通りなどを練り歩いたそうだ。

女みこしは8日までの祭り期間中、毎夜登場するとのことで、このほかにも、ニューハーフショーやアマチュアプロレスなど、多彩なイベントが予定されているそうだ。7日には、30周年を記念して「中洲はしご酒大会」を実施され、中洲の200店舗が参加し、食事とお酒を組み合わせた4店を「はしご」できるとのこと。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室

母を探して下さい。少年からの依頼。No.2

本調査の内容をなかなかアップできずにおりました。

実を言って、お母さんはすぐに見つかったのですが、父親の暴力問題が原因で、少年は、父親から逃げ出したかった事から、助けを求めての依頼であったので、警察や施設との連携からアップが不能となったのです。

それで暫くは今回の件、無料調査ではあるものの、アップできません。

少年を母親と会わせる事はできましたが、暴力をふるう父親は未だ探しており、先般、母子擁護施設へ移動できたばかりだからです。ご容赦下さい。

先ほど、少年から電話がありましたが、大変元気そうでした。

完全解決を待って、あらためてお話し致します。ごめんなさい。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室

 

「ご主人が事故を起こした」と振込み詐欺(防犯対策)   探偵福岡

ブログネタ
.気になったニュース に参加中!

「ご主人が交通事故を起こした」と電話をかけ、示談金名目で2200万円の金銭を騙し取ったとして、宮城県警仙台中央署は、千葉県船橋市上山町、無職 米久保大容疑者(27歳)と、神奈川県小田原市荻窪、土木作業員 千保木宇一(53歳)ら3人を逮捕したそうだ。

他に数人が関与したとの事で、1人については逮捕状を取り行方を追っているとのこと。

被害は、同県に限らず、福島県内などで数億円に上るらしい。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室

 

事件簿の種別
月別編集の事件簿