福岡の探偵ブログ−探偵事件簿−福岡

我が探偵事務所『帝国法務調査室』の???についてお話して参ります。

探偵福岡 政界に殴り込み!

探偵福岡日記のロゴmini6月某日、全国的にも知名度の高い、ある代議士の秘書に話を聞くことができた。普段の代議士の生活状況や仕事振りについて迫る!
 cdf339f1.jpg
大崎
「○○氏は普段、何をしているんですか?どんな仕事をしてるんですか?」
秘書
「色々してますよ。」
大崎
「色々とは具体的にどんなことを?」
秘書
「それは答えられません。」
大崎
「噂では、昼はゴルフやって、夜は毎晩飲み歩いていると聞いたことがありますが・・・。ちゃんとやるべき事をしているんですか?」
秘書
「してますよ!それはすべて噂です!」
 
○○氏の仕事の内容に関しては、一切答えてくれなかった。たぶん、この秘書の方も普段○○氏が、なにをしているのかわからないのだと感じた。
 
大崎
「○○氏は、昔、スキャンダルがありましたがあれは本当ですか?」
秘書
「あるわけないじゃないですか。」
大崎
「私の友達の女性が○○氏に食事に誘われたそうですが?」
秘書
「そんなことあるわけありません。」
大崎
「その女性が、ヤフードームのBIP席でホークスの試合を観戦していたら、たまたま隣のBIP席で観戦していた○○氏に声を掛けられたそうですよ?」
秘書
「私も、いつもついて行ってますが、そのようなことは一度もありませんでした!」
 
 
この話は、大崎がその女性本人から聞いた話であり、事実である。しかし、この秘書の方も、「はい。そうです。」とは言えるはずもなく、ウソをつくのは当たり前だ。まだまだ色々なことを隠蔽していそうなこの秘書。これからも追いかけて行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

九州福岡・熊本他の大雨と地震に関する所見。帝国法務調査室の探偵福岡

 
探偵福岡日記のロゴmini2005年梅雨、福岡地区で大雨が続いている。熊本県荒尾市に関しては床下浸水にまで及んでいるそうだ。⇒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?f0ca55b8.jpga=20050706-00000078-kyodo-soci

私は熊本県荒尾市出身である。故に故郷へ残っている家族が大変心配だ。
熊本で病床に臥している家人を思えば心痛に絶えない。
 
私も、福岡市博多区内でも中央区よりに住んでいるのため、地震の被害を受けた。阪神大震災を経験した方々に聞くと、軽いと笑い飛ばされたが、当人とその家族は深刻だった。今でも小さな地震が時折あるが、妻などはトラウマとなっているようで、おびえている。
 
ある時、妻が風呂に入っている時、震度2程度の地震におびえ、AB型の妻が、はだかで屋外へ飛び出して行きそうになった際は、私もおびえた。
 
壁はくずれ、屋根は落ちている。修理はしたものの、市のサポートは遅い。はやくおねがいしまっす!
 
 
 
 
 
 

心霊探偵・大崎in福岡 旧犬鳴トンネル(心霊ファイルNo.3)

探偵福岡日記のロゴ大崎
「何やお前!くっつくなよ!」
ボヤ
「だって怖いじゃないですか・・・」
大崎
「俺も怖いったい!お前振るえとるやないか!」
ボヤ
「だって・・・」
 
と、その時!!!!!!
 
キャ━━━━ヽ(゚∀゚*)ノ━━━━!!!!
 
前から女性が歩いてきた。
 
ギャ━━━━ヽ(゚∀゚*)ノ━━━━!!!!
 
大崎とボヤッキーは、猛ダッシュで入り口へと戻った。
 
大崎
「はぁはぁはぁ・・・なんや今の?」
ボヤ
「はぁはぁはぁ・・・わかりません・・・。」
ボヤ
「もう帰りましょうよ。」
大崎
「お前が行くって言ったやないか!?」
ボヤ
「もう無理です。」
 
すると、トンネルの中から女性の笑い声がした。
 
大崎・ボヤ
「(;゜ロ゜)ハッ !!!!」
大崎
「なんか聞こえたよな?」
ボヤ
「聞こえましたね・・・。」
 
d0f1b37d.jpgトンネルの中から女性が出てきた。
 
大崎・ボヤ
「ギャ━━━━ヽ(゚∀゚*)ノ━━━━!!!!」
大崎・ボヤ
「  (。-ܫ-)ん…? 」
 
なんとトンネルの中から普通の若い女性が3名出てきたのだ。
 
女性
「こんばんわ!」
大崎・ボヤ
「こんばんわ・・・。」
大崎
「なにしてるんですか?」
女性
「ここが怖いって聞いたから来て見たけど・・・。」
大崎
「けど?」
女性
「全然こわくな〜い!」
 
゚Д゚)ェェェェェェェェェェェェェェェエエエエエエエエエエエ工工工工工工工工工
 
女性
「だってトンネルの中にたくさん人がいるから・・・。」
 
話を聞いてみると、ここのトンネルは心霊スポットの名所として、週末には、数多くの人が訪れているとの事であった。
現地で取材をしてみると、「みんなで行けば怖くない!」的な考えの人が多く、逆に楽しそうな方ばかりが目立っていた。
しかし、我々は、先へと進むことが出来ず退散したのであった。
また、取材中に色々な心霊スポットを教えていただいたので、次回、ボヤッキーに行ってもらいます!
 
ボヤ
「(;゜ロ゜)ハッ! 無━━━━━.:*・q(゚∀゚)p・*:.━━━━━理!!!! 」
 
取材に協力していただいたみなさん!ご協力ありがとうございました!
 
 
by大崎  
 
 
 
 
 
 
 

詐欺師の本意を引き出せ。化け物倶楽部。ソラリアのお母さんNo.10福岡の探偵 藤原調べ。(探偵ファイルNo.1・詐欺事件)

探偵福岡日記のロゴソラリアのお母さんと私が、英語講師が座する一室の中央に置かれたデスクをはさんで対面した。
すると、英語講師は開口一番、こう答えた。
 
英語講師
「で、あなたたちは、私の塾の他の生徒さん達にも事実を知って貰うって言われたでしょ?あれって脅迫よ。どうしてくれるの?」
 
私はあっけに取られた。横に座るお母さんの顔をのぞくと、同じ表情にはがゆさを隠しきれない様子だった。
私は思った”とにかく、こいつに反省の色は無い。何を言っても自身に都合の良い考えしかもたないな。”と。そうでなければ、刑事から自身のした行為について、仮に犯罪行為があったと認められるとどう処罰を受けることになるのか聞いていないだろう。しかし、刑事の言い分からはそれも考えられない。
調査中はあまり熱くなる性格ではないが、あんまりな言動にこの時は少々感情が出た。
 
「あんたは自分がしたことに対する反省は無いのか?○○刑事から言われた。被害届を提出して正式に捜査の手続きを踏んでつめれば、軽く当たった感触からするとおそらく逮捕となるだろうと。お前それでもいいんか?少しはわびる気持ちを持てんのか。」
上記は略しているが、もっと攻めたと思う。
こう云う輩は皆そうではあるのだが、都度頭にくる。
ソラリアのお母さんのやさしさにつけ込んでいるのも見て取れた。
英語講師も目が充血して疲れた様子を見せてはいるが、終始神経を逆撫でする態度や言動に、私はもう一度吼えかけた。
その時、お母さんが言った。
 
「私、被害届出します。そしてあなたのご家族やご主人にも全てお話しします。」
 
ソラリアのお母さんの厳しい態度に、英語講師の元から引きつった目元がさらにつり上がり、赤黒く変色して行くのが見えた。まるで化け物である。
いい気味だと感じた。
 
つづく
 
 
 
 
 

探偵福岡 新人研修会!

 探偵福岡日記のロゴmini
今日は、新人探偵の研修会が市内で行われます!その講師として大崎が登場!またおいしいキャラが沢山居そうなので、後日、結果を報告します!乞うご期待!|彡シャッ
 08ee4201.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事件簿の種別
月別編集の事件簿