福岡の探偵ブログ−探偵事件簿−福岡

我が探偵事務所『帝国法務調査室』の???についてお話して参ります。

暴走族に声援をおくって逮捕。全国初の立件。in佐賀 探偵福岡

JR佐賀駅佐賀署は16日、アニメキャラクターの着ぐるみを着て、暴走族の暴走行為をあおったとして、佐賀市の15歳の女子高校生と、佐賀県久保田町の16歳の無職少女を、県暴走族追放促進条例違反(あおり行為の禁止)で佐賀家庭裁判所に書類送致されたそうだ。

佐賀署によると、同様の条例を定める22道府県で、あおり行為の立件は初めてらしい。

2人は4月24日深夜、佐賀市駅前中央のJR佐賀駅周辺で、ハム太郎やクマのプーさんの着ぐるみを着て暴走族に手を振ったり、声援を送ったりした疑い。

 

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室

三井グリーンランド近くの森を散策、かぶと虫・クワガタ発見 探偵福岡

かぶと虫(熊本県荒尾市生まれ)色々あって熊本県荒尾市にある三井グリーンランドに突撃、その帰りにかぶと虫をひさしぶりに探すことになりました。
そしたらたくさんとれちゃいまして、かぶと虫6匹とクワガタ(小クワも入れて)15匹を虫かごにうじゃうじゃ入れて、福岡市内にまで持ち帰りました。
かぶと虫とクワガタを夫々分けて、本日から飼育中です。
採集できた場所ですが、アクセスは荒尾市内から「赤田公園」へ行く途中にある団栗の木が密集している場所で、目印は
 
 
 
 
続きを読む

ベビーカーに盗撮ビデオカメラを設置−生活共同組合コープこうべ職員 探偵 福岡

盗撮機械と500円玉でサイズ比較されたもの兵庫県西宮市北口町のショッピングセンター「アクタ西宮」東館で、同県宝塚市口谷西、生活共同組合コープこうべ職員 宿野励司容疑者(38歳)がベビーカーにビデオカメラを仕掛け、同ショッピングセンターの女性職員のスカート内を盗撮しているところを警備員が発見、取り押さえた。
後、西宮警察署員が、県迷惑防止条例で逮捕した。
宿野容疑者は、子供の乗っていないベビーカーを押し、女性従業員に近づいたところ、万引きを警戒していた警備員が盗撮に気付いて取り押さえた。
怪しい動きをしている者の行動を確認するのは大変難しい。一般市民の場合、間違えたでは済まない可能性が出てくるからだ。
強引に確認しようとすれば、触っただけで傷害となる場合も出てくる。
その辺が大変難しいところである。
 
 
 
 
 

北九州悪徳リフォーム業者元社員逮捕 探偵福岡

c8683b98.jpg
高齢者宅を訪問して不必要な住宅リフォーム工事契約を結び、多額の代金をだまし取ったとして福岡県警は10日、詐欺と特定商取引法違反の容疑で、北九州市小倉北区の住宅リフォーム会社の元社員2名を逮捕したそうだ。福岡県警は会社ぐるみの犯行だった可能性もあるとして捜査を進めるという。
逮捕されたのは、北九州市小倉南区徳吉5丁目、無職木村昇由(31)、北九州市小倉北区高坊2丁目、同定松輝和(29)の両容疑者で、2人とも今年4月、同社を退社していたそうです。

福岡県警の調べでは、両容疑者は2003年10月28日、北九州市門司区の無職女性(69)宅を訪問し、「床下に湿気があり、腐った柱もある」などとうそを言って除湿器2台の設置契約を結んだそうだ。2日後には「屋根裏にも湿気がある」とだまして換気扇4台の売買契約を結び、計約115万円をだまし取った疑いがもたれている。最終的な工事代金は約300円に上っていたそうだ。

同社に対しては、2000年以降、福岡をはじめ大分、山口各県の消費生活センターに苦情相談が計45件寄せられているという。

最近このようなニュースが多く報じられていますが、お年寄りなど、弱者を狙う犯行は極めて悪徳で、許しがたい行為です。みなさんも近隣のお年寄りなどに声を掛け、今度、同様の被害者が増えないように助け合いましょう。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室

  

長崎原爆から60年 探偵福岡

9e93b7dc.jpg
60回目を迎えた「長崎原爆の日」の9日、長崎市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が、長崎市松山町の平和公園で行われたそうだ。長崎市の伊藤一長市長は平和宣言で、核抑止力に固執する核保有国、とりわけ米国に対して強い憤りを表明した。日本政府にも米国の「核の傘」からの脱却を求め、「私たちは核兵器廃絶と世界恒久平和に向けて、決してあきらめることなく努力する」と被爆地の決意をあらためて世界に示したそうです。

午前10時40分に始まった式典には、被爆者や全国の遺族をはじめ、10年ぶりとなる米国、韓国、ブラジルの在外被爆者・遺族代表ら約6000人あまりが参列し、この1年間に死亡が確認された被爆者、約2700人の名簿が奉安箱に納められたそうだ。長崎原爆の死没者は計13万7339人で、生存する被爆者の平均年齢は72.5歳となったとのこと。

献花などに続き、原爆が投下された午前11時2分、会場内に「長崎の鐘」が鳴り響き、参列者は1分間の黙とうを行い、犠牲者の冥福を祈った。

日本政府には被爆国として核廃絶への指導的役割を求めるとともに、高齢化する被爆者の支援と在外被爆者の援護を要望し、若い世代に対しては過去の歴史を学び、平和の継承を訴えた。

また、小泉純一郎首相は「平和憲法を順守し、国際社会の先頭に立ち核軍縮・核不拡散を推し進める」とあいさつしたそうです。

 

事件簿の種別
月別編集の事件簿