c47ae488.gif
今日、資料をもらいに行きました。
その英語熟の講師が言ってるウソなんですが、簡単に言うと、えりまきトカゲみたいな先生で、自分を大きく見せるため、父親は大学教授だとか、母親は大手企業の女支店長だとか言うし、だんなは地場企業の理事長の息子だとか言うわけです。さらには親が公共機関の土地を買収して温泉立てると言ってみたり、楽天みたいなアフィリエイトを立ち上げると言ってみたり、スターウォーズの翻訳をしたとか、本当かウソかはべつにしてとても信じられない内容ばかり、依頼人のお母さんも振り返ればあきれる内容ばかりですよねとおっしゃる状況でした。
それでその資料を持って、講師の自宅を訪ねたんですが、ふつうのマンションでした。
管理人に取材したら、自宅は持ち家だってこと。言ってたウソについては、マンションの住人に違う内容でホラを吹いて回ってて、皆さんはウソと気づいてるから、すごく嫌われてるんですね。
管理人さんからは、「先生、何かしたんでしょ。教えてよ。何かあると思ってた!」といわれる始末で、何とか基本である得意の化け調で切り抜けて、足跡を残さず切り上げました。(こりゃまじで詐欺られてるな。)
とりあえず、明日からは、本人の言っている内容の裏を取る作業に取り掛かることにして、依頼人と上司に報告、データ情報の収集の手配をかけて、結果を待つことにしました。
到着に数日かかるんで、明日から尾行でもしてみます。
 
By 藤原