6623dc7e.gif

○福岡県筑紫郡那珂川町新幹線基地付近のトンネル    

迷探偵 大崎

 福岡県那珂川町の新幹線基地付近の某所に所在するこのトンネルは、昔から「心霊体験」や「心霊現象」に関する噂が多数聞かれ、寄せられた近隣住人間の情報を基に調査員各班は現地へと急行した。

620日 午前3時現地へと到着。

付近を行き交う車は無く、異様な雰囲気の中、先ずは同行した調査員と共にトンネル内を歩く事にした。

全長約200メートル内外のトンネル内には、何度も落書きされ、それを消した様な跡があり確かに不気味である。

トンネル内を数十メートル進んだ時、同行した調査員が急に頭痛を訴え始め、正直、ビビッタ我々は一度引き返す事にした。

「こうなったら一人で行くしかない。」

そう決めた大崎は、嘗て学生時代、野球部に所属し「韋駄天」と恐れられトップバッターとして大活躍していた頃を思い出し、「リーリーリーGO!」の掛け声と共にトンネル内へと猛ダッシュした。

俊足を飛ばし反対側へ出てみるも、結局、何も分からなかった・・・

「今日の処はこのぐらいで勘弁してやろう。」

そう自分に言い聞かせながら車へと飛び乗り現地を跡にした迷探偵であった。

しかしながら、後日、同所近隣住人間へと更に詳しく取材を実施した処、以前、このトンネルで車に跳ねられ死亡した女性が居り、深夜に通行するとその女性と思われる人影や声などが聞こえると云った証言も数多く聞かれた。

実際、現地で撮影した写真・い砲眷鬚丸い物体が写っており、その物体が何者なのかは判然としないもののその女性の霊であるとも否定は出来ない。

現在、私、大崎は6、7年ぶりの猛ダッシュで足を負傷し自宅でリハビリ中である・・・

 

探偵福岡帝国法務調査室職員社会正義実現運営しています。