da487e73.jpg
山笠は、毎年7月1日から15日までが山笠の期間です。毎年この日時であります。覚えやすいでしょ??
 
当探偵社からも山笠に参加している熱い男がおります。この期間は頭真っ白で取り組んでやがりますので、ソッとしております。その男が書いた簡単な山笠の説明と日程は以下です。
 
山笠の始まりは、鎌倉時代の1241年夏、と伝承されています。この時代、博多で疫病がまんえんし多くの人々がその犠牲となりました。このとき、宋から帰国してきたお坊さんが、町人達のかつぐ施餓鬼棚に乗って町内を練りまわり、疫病封じのため水清められた水をまいたとされます。
この施餓鬼棚が発展して山笠の形となったともいわれていますが、それについては他にも諸説があり、その起源は定かではありません。
その間、博多の町のいたるところに「飾り山」が建てられ行き交う人々の目を楽しませてくれます。1日には当番町、9日に全流れによる筥崎浜でのお汐井とりが行われ、10日夕刻の流舁きから舁き山笠が動き出す。
11日早朝は朝山、12日午後は追い山ならし、13日午後は集団山みせ、14日の流舁き、そして15日早朝の追い山で全行事を終わります。
●7月1日
 ・飾り山公開
 この日、飾り山を一斉に公開。15日午前零時まで公開される。
 ・当番町のお汐井とり
 お汐井とりはみそぎの一つで、この日は当番町だけ。筥崎浜まで走り、海中から取ったお汐井(清めの砂)で身を清め、筥崎宮に参拝して櫛田神社へ。祭りの無事を祈願する。・・・⇒
 
 
 
 
●7月9日
・お汐井とり
当番町のお汐井とりと同様。各流全員参加で無事を祈願。
●7月10日
・流舁き
この日初めて山が動く。流ごとに、各流の区域を舁き回る。
●7月11日
・朝山
祝儀山、縁起山ともいわれ、各流で流舁きをする。朝山の台上がりは、長年功労のあった長老が努めることが多い。
・他流舁き
この日初めて他の流に舁き入れる。流によっては、櫛田入りの練習をすることもある。
●7月12日
・追い山ならし
追い山本番のリハーサル。今年の一番山からスタート。5分間隔ですべての流が櫛田入り。奈良屋町・横町筋角の廻り止めまでの約4kmを走る。
●7月13日
・集団山見せ
この日だけ、舁き山が福岡部に入る。呉服町交差点から明治通りを西に走り、那珂川を渡る。福岡市役所前で手一本を入れ、各流に戻る。
●7月14日
・流舁
10日と同様。
●7月15日
・追い山
本番。大太鼓の合図で一番山が櫛田入りし、6分後に、二番山、三番山からは5分おきにスタート。一番山だけが櫛田入りして「祝い目出度」を唄い納める。
山は境内の清道を回り、須崎町の廻り止めまでの約5kmを疾走する。
午前6時、荒ぶる神を鎮めることを目的に櫛田神社の能舞台「鎮めの能」が奉納される。