593496a1.jpg
第43回西日本大濠花火大会

【天候不良】翌日に順延
【場    所】大濠公園
【交     通】地下鉄大濠公園駅からすぐ
               西鉄バスで荒戸1丁目、西公園、黒門、NHK放送センター入口
               の各停留所下車すぐ
【問合わせ】092-711-5506 西日本新聞社事業局文化スポーツ事業部
 
 
 
1950年に始まったした西日本大濠花火大会は、今年で43回目の目を迎える。
1967年に公園整備で一時中断したものの、1979年に大濠公園開園50周年と福岡市制90周年を記念して再開されました。
以来、毎年夏の恒例イベントとして老若男女に親しまれている。
交通の便が良い都心部での花火大会とあって、福岡県内はもちろん県外からの見物客も含め約40万人が訪れる。

昔、福岡城の外堀だった大きな池(1周2キロ)を擁する大濠公園の中の島に唐津煙火、西日本花火、高田花火工業の三業者がそろい、熟練の技を競い合う。周囲360度から観賞でき、迫力と見応えは最高。

夜空に立体的な形を描き出す型物をはじめ、金魚が泳ぐ水中花火など、新作の花火の数々が涼感と感動を呼ぶことでしょう。