村山富市元首相元首相の村山富市氏のことだ。
 
16日午後5時40分ごろ、大分市王子中町の市道交差点で、同市千代町、元首相村山富市さん(81)の運転する乗用車が、市内の小学4年男児(9)の自転車と接触し、男児が足などに軽いけがをしたそうだ。
村山さんにけがはなかった。
大分中央署は、村山さんが安全確認を怠ったとして業務上過失傷害の疑いで調べている。

調べによると、村山さんは一方通行の路地から左折して市道に出ようとした際、左から来た自転車と出合い頭にぶつかった。交差点に信号機はないが、路地には一時停止線と標識があるという。村山さんに同乗者はいなかった。

村山さんは1972年の衆院選旧大分1区に旧社会党から立候補して初当選し、当選8回。93年9月に党委員長となり、94年6月、自民党、新党さきがけとの連立政権で首相になった。96年1月に退陣し、2000年6月に政界から引退した。
 
同氏が現役時代、福岡に来た。某氏の後援でのことだった。
当時は活力と緊張感にあふれていて、SPが張り付いていたことを覚えている。同首相についていたSPが、別人の警護でニュースに出るのを良く見たりもする。容姿・体格はいたって普通だが、特徴的な眼つきだけは忘れない。
 
81歳でお車を運転とはお元気ですね。
高齢者の事故は多いです。高速道路を逆走するケースもありましたが本当にとんでもない話しです。当時、村山氏の眉毛の長さが気になっておりました。今はいかに?
 
 
 
bY藤原