架空請求には応じない!総務省は4日、約4万2000件の個人情報を紛失したNTTドコモに対し、適切な情報管理と再発防止を求める行政指導を行ったそうだ。
6月末にドコモの業務委託先で、顧客の氏名や電話番号などの個人情報が記録されたハードディスクが紛失していた事が判明した。
流出した情報の不正利用は確認されていない。
 
こんな情報が架空請求業者にまわったら、とんでもない事になる。架空請求をする相手の個人情報を知った上で請求の電話がかけられて行けば被害者続出となるやもしれない。今まで突っぱねてた人も、「本名や自宅はこちらですね。」と言われれば、無視はできないのではないでしょうか。