ブログネタ
ぼやき に参加中!

探偵福岡佐賀県鳥栖市に住む高齢の独居老人女性(89歳)が、住宅リフォーム業者を装った男2人に「床下の修理をしなければ家がつぶれる」などと偽の映像を見せられ、2日間で現金1050万円をだまし取られていたことが15日、分かった。

鳥栖署は詐欺容疑で捜査しているとの事。

同男性らは9月1日、同老女宅の床下の柱が何本も折れていると称し、同女性に映像を見せ、修繕費として女性から現金650万円をだまし取った。

翌日にも「さらに金がいる」と現金400万円をだまし取ったという。

不審に思った女性の家族が同署に届け出た。

 女性宅の床下の柱は実際には折れておらず、男らは別の場所で撮影した映像を女性に見せたとみられる。

同男性らの年齢は20歳代から30歳代前半と云う。

現在、弊社が追っている事案の調査対象男性と年齢が一致しており、同男性が福岡から東京、東京から長崎入りしている為、可能性は否定できない。関係者に同人の写真を送付する事となった。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室