6b57076c.jpg28日午後3時50分ごろ、大阪府岸和田市春木若松町の路上で、岸和田署の男性巡査が不審な車に乗った男らに職務質問したところ、駆け付けた別の車に連れ込まれ、車は約1キロ逃走し、巡査は運転席の男に発砲したそうだ。男は病院に運ばれたが死亡したとのこと。

同署などによると、男が巡査の拳銃を奪おうとしてもみ合いになったとみられるそうで、最初に職務質問を受けた男らは車を現場に放置して逃走したそうだ。

同署は公務執行妨害容疑などで逃げた男の行方を追っている。死亡したのは岸和田市の職業不詳の男(34)と判明、巡査にけがはなかったそうだ。調べでは、巡査は不審車両に乗った男に一人で職務質問、男が携帯電話をかけ、別の車で子どもを連れた男と女が来たため、巡査も応援を呼んだ。しかし、巡査は後部座席に連れ込まれ、約1キロ離れた同市磯上町4丁目の路上で、運転していた男に発砲したとのことだ。

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室