a4c554dc.jpg
 
 
〜秋月城址〜
 
 
 
秋月は筑前の小京都といわれ、城下町の趣きを残す町並み全体が、国の重要伝統的建造物群保存地区である。城跡は現在、表御殿跡を学校に、長屋門を残す裏手陣屋の奥御殿跡を公園として保護されている。紅葉の名所で名高い黒門は、もとは追手門として城の正面、表御殿前にあったもので、明治に入り、かつての主の秋月黒田藩祖黒田長興をまつる神社が整えられた際、神社の門として移築された。慎ましく炭で塗られた黒門を、いく重にも枝を重ねるカエデの赤が飾る秋は、秋月がもっとも美しい季節。紅葉を愛でながら古城のいにしえをしのびたい。
 
所在地:福岡県甘木市野鳥
アクセス:甘木駅よりバスで20分(郷土館前バス亭より徒歩5分)
      大分自動車道甘木ICより国道322号線方面へ約10キロ
問い合わせ:甘木市観光協会/0946−24−6758