09a38e39.jpg

みなさんも、よくご存知かも知れませんが、福岡都市高速などを通ると福岡空港国際線ターミナルのロータリーの入口付近に巨大なサッカーボールのような塔が見えます。

我々も、福岡都市高速をよく利用するのですが、あそこを通るたびに巨大サッカーボールの話題になります。

 

大崎「あれ何やろうね?」

山本「ん〜多分ですよ!?多分・・・。」

大崎「何?」

山本「あれはW杯を福岡に招致するためにアピールしてるんですよ。」

大崎「そんな奴おらんやろ〜?チッチキチーやないか・・・。」

大崎「前回、日韓共催でやったばっかりやん!しかも、福岡だけでやるのは無理やろ?」

山本「いや間違いない!」

 

と云うことで、直接、福岡空港関係者に聞いてみることにしました。

 

大崎「すみません。あの国際線ターミナルのところに巨大なサッカーボールみたいなのあるじゃないですか?あれは何ですか?」

関係者「サッカーボール?あ〜あれはトップレーダーです。」

大崎「トップレーダー?」

関係者「はい。トップレーダーといって、気象観測用のパラボナアンテナなんです。着陸の際に福岡空港の天候がわかるようになっています。」

大崎「納得・・・。」

大崎「あれは、W杯招致のためのアピールじゃないですよね?」

関係者「・・・。」

 

と、いうことで山本調査員の「勘」は見事にハズレ、「トップレーダー」と云う「気象観測用パラボナアンテナ」でした。

あれは、サッカーボールではありませんので、山本調査員のように他人に嘘を教えないで下さい。

 

 

九州福岡の探偵社 帝国法務調査室