最高裁判所2005年12月16日の下記の判決で、賃貸マンションの退去時に敷金から差し引かれる修繕費の考え方が変わった。報道はこうだ。

”賃貸マンション明け渡しの際、通常使用に伴う損耗(汚れや傷み)の回復費用を敷金から差し引くことを定めた「特約」の適否が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は16日、通常損耗の修繕費用は「賃料に含むのが普通で、契約書や口頭での具体的な説明と明確な合意がなければ借り主に負担義務はない」と原則貸主負担とする初めての判断を示した。
その上で、敷金返還を求めた借り主側敗訴の2審大阪高裁判決を破棄、適正な返還額を算定するため、審理を大阪高裁に差し戻した。”

これまでは、小学生でも学習する「返すときはキレイにして返す。」と云う行動、遠足に行っても「着いたと時よりキレイにして帰りましょう。」と先生によく言われたものだ。

勿論これは正しいし、賃貸マンションもこれに倣い、「借主はキレイにして返しましょう。」と云う論理に違和感を感じなかった。

しかし、今回、裁判所が、契約書等で特約が無ければ、お金を払って借りているのだから、貸主がキレイにして次の借主に備えなさいと云っている。

そう、借主は、金を払っているのだった。

幼き頃からの学習から、右にならえしていたが、実際には借主は、金銭を支払ったユーザーであり、公共の場と云った公園などを使用したわけでは無い。当たり前と云えば当たり前なのだが・・・

さすが裁判官はジャッジのプロ、バッサリ切ってくれました。

 

探偵福岡事件簿 帝国法務調査室