ダウンタウン DVDの表紙人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(42歳)が、アダルトビデオ店内で撮られた写真を掲載した写真週刊誌フラッシュの記事で、プライバシーを侵害されたとして、発行元の光文社と編集長に1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は3月31日、90万円の支払いを命じたそうだ。

深見敏正裁判長は、購入したビデオのジャンルを記した部分について「性的趣向をうかがわせる最も私的な事項で、好評はプライバシー侵害」と判断したそうだ。本人の写真掲載も、人格権を侵害し違法とした。

私は、同雑誌を見ていないが、世間に性的趣向を知られる事のはずかしさは分かる。人の秘密を暴く部分は、素行調査に於いても共通する処があるが、行過ぎた行動とはどのラインからと言えるのかを慎重に推し量る必要がある。 

42歳の年齢ではエ○ビデオ/DVDをそんなには見る機会がないでしょう。世のお父さん方は、普通、家に帰れば妻子がいて、見る場所なんて無いですから。近所のTUTAYAさん大名店に行きますと、40代どころか60代まで○ロビデオ/DVDコーナーにいらっしゃるところを見ると、男の欲求が枯れるのは年齢ではなく個人差によって大きく離れているように思う。


   人格権・・・〔法〕 人の存在や人格と不可分な利益に関する権利の総称。

   生命・身体・自由・名誉・肖像・プライバシーなどに関する権利。とある。

 

これは不法行為に基づく差止請求権と異なり、侵害者の故意又は過失を要件としない長所があるため、訴訟において広く用いられている。

ただし何が人格的利益であるかは常に争いがあるところであるため、表現の自由など伝統的な人権との関係とは緊張関係に立つことが多い。


 

探偵福岡事件簿こと帝国法務調査室