情報の価値とは、一方にとっては有効な情報でも、一方にとっては全く価値の無いものとなってしまう場合が多い。情報提供への対価についてこんなニュースがあった。

民主党 情報 ライブドア メール問題 永田議員民主党の前原誠司代表は、NHKの番組で、虚偽メール問題で当時の野田佳彦国対委員長が情報提供者への1000万円の資金提供を一時検討した事に関し、「野党として権力を握っていない状況の中で、様々な情報を得ようとした時、金銭のやりとりがある事自体、悪だとは全く思ってはいない。」と述べ、今回のケースも含めて情報提供への対価を支払うことは必ずしも問題ではないとの見解を示したと云う。

情報の価値は、様々である。1回の浮気調査に1000万円もかける方はいない。10万円あれば証拠を取れる可能性は多大である。金銭の価値観や、金銭的余裕は人それぞれだが、情報と云う形の無いものの金銭的な価値を知ると共に、政治家が何となく庶民との金銭的な価値観に違いがあるように感じられた。

 

探偵福岡事件簿 帝国法務調査室