a92d53f2.jpg

福岡市城南区の中村学園大学と福岡大学で、今年も帰省などで学生が少なくなる夏休み期間を利用し、高校生に図書館を開放するサービスが始まっているそうだ。

冷房が効いた室内で勉強に集中できるとあって、評判は上々とのこと。両大学とも今夏からは新たに中学3年生の受け入れも始めたそうだ。

両大学の図書館開放は数年前からの恒例行事となっており、今年は福岡大が8月4日〜9月14日、中村学園大が8月7日〜9月13日の日程で実施しているとのこと。(※盆休みは除く)

中村学園大では、約20万冊の蔵書も自由に閲覧可能で、専門書以外にも中学生用の辞書までそろえているそうで、近隣の中学、高校計102校へ利用を呼び掛ける案内を送るなど広報活動も強化し、毎年、期間中に150人〜200人が利用しているそうだ。

その他、福岡大学や九州産業大学も館内蔵書の閲覧を許しているとのこと。

 

中村学園大学(図書館)/092−851−2573

福岡大学(代表)/092−871−6631

九州産業大学(図書館)/092−673−5382