不貞行為の立証とは

ここまでの内容をまとめて言えば、「自分だけが損をしない離婚」を成立させるためには「配偶者とその相手方との性的関係(肉体関係)の証拠をつかむ」ことが必要なのだということです。

それではいったい何が証拠になり得るのでしょうか。

不貞行為(性的行為)を立証するとは言っても、性的行為そのものの映像なり音声などを手に入れることはまず不可能と言うべきでしょう。
「立証」するには、なにも「そのものずばり」を提示する必要はありません。こうした場合には、「性行為(肉体関係)の存在を確認ないし、推認できる証拠」であれば足りるのです。
しかしながらこれは「あなたの目から見て疑いのない証拠」であっては全然足りないのです。「立証」と言うには、第三者から見ても「性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠」でなければならないのです。

不貞行為を立証するためには

そもそも浮気が発覚したきっかけは、携帯電話やPCでのメールのやりとりや通話履歴であったかもしれません。
しかし、たとえそこに深い関係にあることを匂わせる何かがあったとして、しかしそれだけでは交際関係にあることは立証し得るとしても、必ずしも不貞行為・性的関係までは立証できません。また仮にあなたが二人の通話を密かに録音できたとしても、盗聴という「違法行為」を理由として証拠能力を否定されることも考えられます。

くりかえしますが、二人が性的関係にあることをを立証するためには、「そうした関係にあることを疑い得ない何か」が必要なのです。もちろん、一つひとつは立証するまでに至らない「弱い証拠」であるに過ぎないものであっても、それらが複数集まればそれなりの効果はありますので、たとえばメール等であればプリントアウトしておき、また文書等ならコピーをとっておくべきでしょう。

立証の程度

結局のところ、最も強力な証拠は画像ということになります。それもラブホテル等、誰もが性的関係を想像せざるを得ないところで二人が一緒にいる場面を撮影することができれば、これは非常に強力な証拠となり得ます。
ただ、それでも立証の程度としては、不貞関係の継続性が明確にならなければ万全とは言い難いのです。そしてもし不貞関係の継続性まで立証することができれば、それはそのまま不貞関係の悪質性を裏付けるものとして、あなたにとっては有利に働くことになるでしょう。

あなたにとっての「浮気」〜その1