浮気調査の結果、パートナーの実態を知り、今後の人生の選択肢として、離婚、もしくは婚姻継続の何れかを選択する事になります。

素行・浮気調査報告書サンプル何も言わずに様子を見て耐えるんだと云う方もいらっしゃいますが、夫婦の話合いの末、こじれれば通常、ご自身の権利を守るため、民法の770条を根拠に、離婚を請求して行く事となられます。

当事者同士で話し合ってもなかなか話合いが進展しない場合は、調停を利用なさる事となりますが、共同不法行為による不真正連帯債務となり、離婚後はパートナーと浮気相手が生計を共にする可能性を示唆し、パートナーへの婚姻関係解消の家事調停とあわせて不貞相手に対する慰謝料請求を同時に進めて行かれる事となります。

慰謝料の額として当初提示する金額は500万円となるケースが多くあります。

パッと聞くと500万円って大金なんですが、これから先の将来、安定して暮らせる額ではありませんよね。家賃、食費、水道光熱費、学費・・・など、お子さんがいらっしゃって養育費等を別途貰っても、劇的に豊かにはなりません。

だからと云っても受け取る慰謝料はとてもありがたい話しです。

調停で話合い、調停調書に話合いの記録が残ることによって、その話合いの結果を基に、未払いとなった際の担保として、強制執行等の相手方財産の差押えが可能となります。

相手が、不確かな人であり、話合いの末、公正証書の作成等に応じてくれるような人物でなければ、調停と云う制度をまずは利用なさって見るべきではないでしょうか。

いずれにせよ、裁判の前置として調停が必要です。費用の節約のためにも私たちとご一緒にお勉強頂き、ご自身で勝ち取った方はたくさんいらっしゃいます。

ご不安になられず、共に頑張って参りましょう。