平成23年12月9日 九州調査業協会による今年最後の教育実務研修会が、長崎市の長崎商工会議所で開催されました。
内容については下記の通り。
平成23年 九州調査業協会 研修会



●1時限 探偵業法関連事案について
  長崎県警 生活安全企画課 探偵業担当 辻一男様

●2時限 消費者契約法と調査契約
  長崎県県民生活部 課長補佐 渡辺修一様

●3時限 探偵業法の解釈と運用
  九州調査業協会 会長 竹内弘氏

●4時限 調査報告書の留意点・画像撮影時間の取り込み
  九州調査業協会
  理事 山口健氏(当社代表者)
  理事 香月省二氏

県警ご担当官による講義については、具体的法令違反の実例と業社の現状について、
県民生活部ご担当者による講義については、一般消費者と探偵業者のトラブルについてを中心にご講義頂きました。
協会会長からは、業法による取締強化によって問題となった業務行為や調査利用目的確認書などについて、
又、弊社代表・山口からは、報告書の実例提示と探偵業務の使用機材について、
香月理事からはバッテリーについてと今後の業者の行末について講義されました。

同研修会を有意義なものとして、更なる技術向上と探偵業者のあり方について追求して参ります。

平成23年 九州調査業協会 研修会平成23年 九州調査業協会 研修会







平成23年 九州調査業協会 研修会 平成23年 九州調査業協会 研修会